デリヘルから

「デリヘル」から「ソープランド」へ移ってくるという女の子も存在してきます。
今や、日本中は「デリヘル」だらけといってもいいような状態でもあります。その理由として、立ち上げの費用が抑えられるという点があります。
現在では「デリヘル」も届出制になって立派な風俗店の仲間入りを果たしていますが、正直なところ全てのお店がそうではありません。
車一台と女の子一人、ばら撒くチラシさえあれば誰でもできてしまいますし、それをお客様のほうで見分けることは難しいのです。
闇で営業をしている風俗店と「デリヘル」の分別が難しいために、お客様は警戒心を拭いきれないといってもいいでしょう。
それに加え待ち時間のルーズさ、女の子は全く教育されていない常識はずれの接客、性病の問題など、「デリヘル」のデメリットを上げればキリがないのです。
もぐりの「デリヘル」などはクレームを言う相手もいませんので、全てお客様の泣き寝入りになってしまうのです。
「風俗の王様」と呼ばれる「ソープランド」を一度経験すると、これこそが風俗と目からウロコが落ちるのは女の子も決して少なくはないのです。