ヘルスから

風俗業界の業種は数多くの風俗店が存在しており、他の業種から「ソープランド」へ移ってくる女の子も決して少なくはありません。
その中で、「ファッションヘルス」から「ソープランド」へ移ってくるという女の子も存在してきます。
「ファッションヘルス」自体、設備的には「ソープランド」にも似ています。
湯船はありませんがシャワーは完備していますので、衛生面では「ピンサロ」よりは優れていえるでしょう。
しかし、「ファッションヘルス」業界は「デリヘル」との差別化を図るために高級化しているのです。
「本番のないソープ」ともいわれ、値段とサービスのバランスが付けがたくコストパフォーマンスが年々低下しているのです。
お金がないなら「ピンサロ」で我慢、少し余裕があるなら本番ありの「ソープランド」へというようなお客様の選択肢ができあがり、その中間に位置する「ファッションヘルス」業界は挟み状態となっているのです。
本番がないという理由で女の子の確保はしやすいのですが、その分仕事を軽く見がちで、「ソープランド」で働く女の子のようにテクニックでお客様を魅了して本指名に変えるというプロ根性が希薄でもあるのです。
ですので、「ファッションヘルス」から「ソープランド」に移る女の子は、少なからずプロ根性を持っている女の子が多いのかもしれません。