エステから

「ヘルス」や「デリヘル」からの移動を紹介しましたが、他には「エステ」業界から「ソープランド」へ移ってくるという女の子も存在してきます。
風俗業界の比較的新しいジャンルに「エステ」系、「マッサージ」系があり、お店の設備もそこそこで清潔感もあって、値段は「ファッションヘルス」くらいといっていいでしょう。
元々は手コキがメインでしたが、現在ではフェラチオが初期設定な店舗も増え、お店によっては「エステ」の部分をほとんど排除しているところもあります。
「エステ」が風俗デビューという女の子はあまりいませんし、ホームグラウンドにする人も少ないでしょう。
どんどんサービスは過激化しているようですが、まだまだこれからどうなるか分からないジャンルでもあるのです。
昔は中国、韓国系の店舗ばかりでしたが、現在は日本人経営の店舗も増えています。
お客様自身もホームページなどでしっかり調べて行かないと、性的サービスのない店舗もあるので注意が必要なのです。
こういったソフトサービスの店舗でも、顧客や指名客獲得のために女の子自ら本番をこっそり容認する場合もありますが、挿入してからのプロ的なテクニックは皆無ですので満足感は低いようです。
また女の子の地雷の多さからも「ソープランド」に流入してくるお客様が急増しているのは納得できる理由でもあるのです。

デリヘルから

「デリヘル」から「ソープランド」へ移ってくるという女の子も存在してきます。
今や、日本中は「デリヘル」だらけといってもいいような状態でもあります。その理由として、立ち上げの費用が抑えられるという点があります。
現在では「デリヘル」も届出制になって立派な風俗店の仲間入りを果たしていますが、正直なところ全てのお店がそうではありません。
車一台と女の子一人、ばら撒くチラシさえあれば誰でもできてしまいますし、それをお客様のほうで見分けることは難しいのです。
闇で営業をしている風俗店と「デリヘル」の分別が難しいために、お客様は警戒心を拭いきれないといってもいいでしょう。
それに加え待ち時間のルーズさ、女の子は全く教育されていない常識はずれの接客、性病の問題など、「デリヘル」のデメリットを上げればキリがないのです。
もぐりの「デリヘル」などはクレームを言う相手もいませんので、全てお客様の泣き寝入りになってしまうのです。
「風俗の王様」と呼ばれる「ソープランド」を一度経験すると、これこそが風俗と目からウロコが落ちるのは女の子も決して少なくはないのです。

ヘルスから

風俗業界の業種は数多くの風俗店が存在しており、他の業種から「ソープランド」へ移ってくる女の子も決して少なくはありません。
その中で、「ファッションヘルス」から「ソープランド」へ移ってくるという女の子も存在してきます。
「ファッションヘルス」自体、設備的には「ソープランド」にも似ています。
湯船はありませんがシャワーは完備していますので、衛生面では「ピンサロ」よりは優れていえるでしょう。
しかし、「ファッションヘルス」業界は「デリヘル」との差別化を図るために高級化しているのです。
「本番のないソープ」ともいわれ、値段とサービスのバランスが付けがたくコストパフォーマンスが年々低下しているのです。
お金がないなら「ピンサロ」で我慢、少し余裕があるなら本番ありの「ソープランド」へというようなお客様の選択肢ができあがり、その中間に位置する「ファッションヘルス」業界は挟み状態となっているのです。
本番がないという理由で女の子の確保はしやすいのですが、その分仕事を軽く見がちで、「ソープランド」で働く女の子のようにテクニックでお客様を魅了して本指名に変えるというプロ根性が希薄でもあるのです。
ですので、「ファッションヘルス」から「ソープランド」に移る女の子は、少なからずプロ根性を持っている女の子が多いのかもしれません。

ピンサロから

現在の風俗業界では細分類化が大きく進んでおり、あらゆる風俗店が存在しています。
ですので、以前は違う業種で働いていた女の子も、何かしらの理由で「ソープランド」で働き出す女の子も決して少なくはないのです。
「ソープランド」に移る大きな理由として、ソープランドは風俗求人の中でも給料が高いことに魅力を感じるからではないかと思われます。
「ピンサロ」から「ソープランド」に移る女の子も決して少なくはありません。
「ピンサロ」というのは、とにかく安さが魅力になります。
30分で4000円くらいで遊べますので、パチンコでちょっと勝てばいける金額でもあります。
しかし、店舗設備は貧弱なところが多く、ソファーや床に直置きしたマットでのプレイになってしまいます。
その上、隣のブースとはカーテンやパーテーションなどで区切られているだけですので、声などは筒抜けでそれを誤魔化すために大音量のBGMが鳴らされている状態でもあります。
それがいいという人ももちろんいますが、一度ゆったりと広いスペースで静かに2人だけの世界で楽しめる「ソープランド」を経験すると、二度と「ピンサロ」へは戻れなくなるという女の子も少なくはないのです。
また、シャワールームがないために霧吹きやアルコールでペニスを消毒するという、衛生的に問題がありそうなのも「ピンサロ」の大きなデメリットでもあるのです。
お金以外に店舗を移る理由というのは、大まかに挙げればこういったことではないかと思われます。